上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかの今月6本目の映画鑑賞でした。週1以上で映画館に通ってたと思うと・・・。
いや、本望。あの空間が大好きです。
いずれシアタールームが欲しいね、切実に!

というわけで今回観てきたのはなかなか評判の良い告白を観てきました。



よくありそうな学園の日常を描いていると思いきや。

自分の持ってる考えや価値観とか常識等々、全てぶち壊されたね。
それでいてストーリーの筋が通っていてぶち壊されながらも、その世界観に完全に引き込まれて魅了されて。


(あれ・・・何か前日思ったことをそのまま文面化してるだけになってるな・・・!)


色々思うことがあるんだけど、上手く書けません。書いては消しての繰り返し・・・。
とにかく”面白い映画”というとまた別の表現な気がするけど、素晴らしい作品だったのは確か。
松たか子さんの素晴らしいまでの冷徹な演技をはじめ、なにより鳥肌ものだったのは子役1人1人の演技がすごい!迫真の演技過ぎて、これも引き込まれる要因の一つだったなーと。

久々にこんな引き込まれる邦画に出会ったなーということで、多少暴力的な描写に抵抗の無い方は観てみることをお勧めします!
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://latte89.blog83.fc2.com/tb.php/70-413e5610

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。