上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前にも増してスマートフォンが流行っている昨今。
直感的な指の操作により画面のスクロールは指でなぞるようにスーっとスクロール。

そんな擬似的なフリック操作での画面のスクロールをFireFoxでもできちゃうのがこちらのアドオン。

Grab and Drag


(設定方法にもよりますが)テキストやリンクの領域外をクリックした状態でカーソルを上下してやるとなんと。なんと。
スマホを操作しているかのようなフリック操作風のページスクロールができるようになります。
慣性の判定も切り替えられるので、勢いをつけてスーッとスクロールしたまま手を離しても慣性の法則が働いているかのような動作でそのまましばらくスクロールするようにも、動かしたら動かした分だけでそのままピタっと止まるようにも設定が可能なので好みのスクロール方法としてアレンジできます。


とは言えぶっちゃけホイール付きマウスを使っていればホイールだけで事足りてしまうのですがちょっとした気分転換に、ましてやこのアドオンを使用して不便になることはない(と思う)ので入れるだけ入れてみても価値はあるかと思います。
横スクロールなんかはこのアドオンを使用したほうが断然手軽に出来ちゃうかもしれません。

ホイールでのスクロールよりも"実際にページを動かしてる感"を味わえるので楽しいかもしれませんよ。
スポンサーサイト
Twitterが広まり始めて、各ホームページに「ツイートする」と書かれたボタン(Tweet Button)をよく見かけるようになりましたね。
このボタンを押すことにより「今自分はこのサイトを見ているんだぜ…へへ……」と言うアピールをすることができます。

そんな便利なボタンですが、いざ探そうとするとどこにあるか分かりにくかったりサイトによっては設置していないところもあったりします。

そこで便利で且つTweetButtonよりも素早くTwitterへ情報共有できるFireFoxアドオンがこちら

My CopyFixer

残念だなのび太、このアドオンはFireFox専用なんだ。
という訳で普段使っているブラウザがFireFoxのため今後紹介していく予定であるアドオンはFireFoxのものとなるので予めご了承をば。

このアドオンを導入すると同時に即使用できるため一部設定等がありますが特にいじる必要もないかと思われます。
使い方は至ってシンプル。
ページの情報(=ページタイトルとURL)を取得したいサイトでテキストや画像を何も選択していない状態でそのまま「Ctrl+C」を押すだけです。簡単!
これでページ情報がクリップボードへ保存されるので、後はTwitterなりで文章入力エリアに貼りつけてやるだけ!
ページ内でCtrl+Cを押せばどの位置にスクロールしても情報をコピーできるためいちいちTweetButtonを探す必要も無ければTweetButtonが無いページでも情報取得できるため色々と捗るわけです。
自分がよくTwitterで「見てる:ページタイトル URL」というツイートをしている時は大概このアドオンの恩恵を授かっています。

このアドオンを使いこなして君も情報発信者(気取り)だ!

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。